クロネコメール便が3月31日で廃止 理由は知らないうちに信書を送った利用者が郵便法違反に問われるリスクがあるため 代替サービスはクロネコDM便

まとめると
・ヤマト運輸がクロネコメール便を廃止することを発表

・2015年3月31日の受け付け分をもって終了

・理由は利用者が知らないうちに信書を送ってしまい、郵便法違反に問われるリスクがあるため

・郵便法ではメール便で信書(手紙)を送ることは認められていない

・クロネコメール便で信書を送ったとして、利用者が郵便法違反容疑で書類送検または警察から事情聴取されたケースが計8件発生

・4月1日からはカタログやパンフレットなど「非信書」であることを事前に確認できた法人に対して「クロネコDM便」としてサービスを提供

ネットの感想・反応