広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した大竹寛投手(30)の巨人移籍が決定的となった。20日、広島市内で巨人と初交渉し、3年総額5億円の条件提示を受け、交渉途中には原辰徳監督(55)から電話で「8年越しの愛」を伝えられた。ソフトバンク、楽天に続き巨人との初交渉を終えた大竹は好感触を口にし、「巨人・大竹」の誕生は秒読み段階に入った。
売り上げランキング: 3
なにが愛フォンだ!
愛フォンやばい
「巨人・原監督の“愛フォン”」というフレーズで、つい、いやらしい想像をしてしまいました。ごめんなさい。
愛フォンとか言われると、iPhone投げ捨てたくなりやんすなヽ(`Д´#)ノ
原監督の愛フォンってwwwwよく思いつくな